4本撚りか?8本撚りか?悩むところです。

そろそろ各地で大型真鯛のキャッチ情報が聞こえだしました。
「大きすぎる鯛は美味しくない」なんて声もありますが、
やっぱり釣り人なら大きな魚をいっぱい釣るのが夢のはず。
一番いいのは大きいのと食べごろサイズが適度に混じって釣れる事。
なんて言っても、そんな風に都合良く釣れる事はほとんどないんですけどねw
そんな大型真鯛が来ても大丈夫なように新しいPEラインを買いにいきました。
鯛カブラやライトジギング人口が増えたおかげで手頃なPEラインが増えています。
ちょっと前までは1号以下の細号数は100mスプールばっかりだったのですが、
それだと一度高切れしてしまうと深場ではラインが足りなくなり
結局船上で巻き変えなきゃいけないこともあるんですよね。
なので、最近の150m巻きスプールは非常に嬉しいところです。
もうひとつ悩むのは4本撚りと8本撚りの違い。
コストパフォーマンスに優れる4本撚りは財布に優しいのですが、
トップページでもご紹介しているキャスティングを考えると
表面の滑らかな8本撚りは魅力的ですよね。
悩むところですが、ボーナスシーズンなので奮発して8本撚りにしてみようかな…。

キャスティング鯛カブラ

とうとう・・・公開しました!
実は、昨年末にジャッカルの加藤プロと偶然ご一緒させていただいた時に、こっそりと教えていただいたテクニックなんです。詳しくはこちら
このテクニックをさらに熟成させ、ひそかにいい思いをしていたのですが、思い切って公開することにしました。
今までのバーチカル(落として巻く)テクニックとは、明らかに一線を超えた釣果をもたします。まずは釣り負けることはないでしょう。今まで試してきましたが、バーチカルには圧倒的な差を出し続けています。
ただし、この釣りがはまる条件があります。キモもたくさんあります。これは今後公開していくつもりなので、楽しみにしておいてください。
ただし、ここからが重要!!!
この釣り方はキャスティングをするので非常に危険を伴います。乗合船の場合は必ず船長に確認してください。また、周囲のお客さんにも十分注意をしてください。十分に安全が確保できる状態でのみ実践していただきますようお願い申し上げます。当サイトでは、この釣法により発生した事故やトラブルに関しては一切責任を負いません。
必ず、守ってくださいね。

鯛カブラのヘッドの塗装

070701_2319~0001.jpg
ヘッドの塗装は、どうしても毎回着底させるために剥げてくるのは、避けるに避けられない問題です。そのままでも釣果はさほど変わりませんが、次に使う時までには塗装して使用することもあります。(結構面倒くさいので大抵そのまま剥げた状態で使いますが・・・)
塗装するのは、マニュキュアを使用するのが良いでしょう。塗装しやすい上に乾燥も速く、剥がれにくいですよ!

鯛カブラのカラーセレクト

ほんと色々なカラーが出揃いましたね〜。でも、みんな使用しているのはオレンジが圧倒的に多いです。オレンジしか使っていないからオレンジばかりを選んでしまう・・・そこで、私なりのカラーセレクトを解説いたします。
まずは潮の濁りによりまずが、大抵はオレンジや赤からスタートするのが良いでしょう。私はオリジナルカラー(ピンクラバーに赤ネクタイ)でスタートします。
それでアタリが少なく、潮が濁っていればチャート(黄色)を使用。逆に澄んでいればグリーンやブルーを使用します。
テストしてて分かったのですが、チャートはやたらとガシラに効きます!逆にグリーンはひったくるようなバイトが多いです。
今、試しているのは、茶色、ピンクです。これはオレンジや赤に近い系統なのでもしかするとあまり差は出ないかもしれないですね。
ヘッドのカラーはネクタイと同系色になるようにしています。ただ、明石などでは底に磯が多いため、数時間でヘッドの塗装は見事に剥がれます。剥がれたら釣果は落ちるの?もう使えないの?と思われるかもしれませんが、私は気にせずそのまま使用しています。釣果はズバリ、そんなに落ちないですね。

鯛カブラのタックル〜ライン編

bobin.jpg
鯛カブラで使用するメインラインはPEライン。太さはずばり0.6号か0.8号。これにフロロカーボンのリーダー12lbを使用します。リーダーの長さは約1ヒロ。長いと根ズレなどでラインに傷が入った時に対処しやすいのですが(長い分、切断してもまだ十分な長さがあるため)、長いと潮の抵抗を受けるため、鯛カブラの着底が分かりにくくなる原因となります。これを避ける為に1ヒロを目安にしています。
メインラインとリーダーの結束方法はPRノットがおすすめ!簡単で速い、しかも強度もバツグン!デメリットは専用のボビンがいるくらいです。ボビンは安いものは3,000円くらい。高いもので16,000円くらいしますが、高価なものは微妙なテンション調整ができるので、より快適にノットを作ることができます。

ビンビン玉を分解してみました!

binbin.jpg
今年になって大活躍してくれているビンビン玉ですが、フックが曲がったり、ネクタイがちぎれたり・・・なんてことがあったら、簡単に交換できるので試してみてください。オリジナルのフックを装着したり、オリジナルカラーも作れますよ!
1)まず、ヘッドの金具のスプリットをとり、金具をペンチで挟み、少しヘッドの中に押し込みます。
2)少し押し込んだら、金具の先端(スプリットリングのついているところ)をペンチの平たい部分でコツコツ叩いて、さらにヘッドの奥に金具を入れます。
3)ある程度金具がヘッドの奥に入ったら、図のようにペンチで挟みヘッドから金具を抜きます。
4)ヘッドから金具を抜いた状態です。
5)スカートやフックを固定している緑色のゴムを外すと、各パーツが分解されます。
頻繁に金具をとっていると、緑色のゴムが切れることがありますが、これは釣具店で販売されている夜光性浮きゴムで代用します。
ヘッドから金具を外す時は、フックが手に刺さる恐れがありますので十分注意してくださいね。

釣りぶネット倶楽部さんにリンクしていただきました

tbnblog_banner.gif
先日、利弥丸さんでご一緒させていただいた釣りぶネット倶楽部の管理人さんが、当サイトにリンクしてくださいました。
この日は、いきなり65センチの真鯛をヒットさせたのですが、その時の様子を動画で公開していただいております。贅沢にもシマノの佐々木さんにランディングしていただきました。佐々木さん、ありがとうございました。
動画はこちら

鯛カブラのタックル〜リール編

070704_0231.jpg
現在、同船している方のリールを見てみると、ジギング用のリールを使用している方、バス用のものを使用している方の2通りが多いですね。私は、バス用のものを使用しています。バス用のものと言ってもソルト対応なんですけどね。ジギング用のものに比べ、小さく軽いそして巻き心地が軽い。さらにこのバス用のリールを使用するメリットは新しいテクニックに最適なんです。
おすすめのリールはダイワのジリオン。7:1のハイギアのものがおすすめです!このハイギアも実は意味があるんです。巻くスピードが速い?からではありません。
この秘密は追ってまた解説しますね。
ちなみに、リールはジリオンをいつも2つ持って行っています。これは、PEラインから切れた時に、スペアがあると一瞬の時合を逃さず再会できる点と、ラインが高切れ(ラインがそこそこ出た状態で、手前で切れること)した時に、残りのラインが少ないと釣りにならないので、そのための予備という2点のメリットがあります。

鯛カブラのタックル〜ロッド編

070704_0230.jpg
鯛カブラの専用ロッドは今年に入り、さまざまなメーカーからたくさんリリースされています。シマノの炎月、ダイワのソルティスト、シャウトのアンサーシャフト・・・。
ちなみに私が鯛カブラを始めた時から使用しているのは、TENRYUのOff Shore Light FLEX TIP (型番:OLJ632B-FML)です。その当時(昨年ですが)はまだ、専用ロッドというものはなく、ジギング用のロッドやバスロッドを使用していました。いろいろなロッドを試した結果、辿り着いたのがこのTENRYUのロッドでした。
Off Shore Light FLEX TIP ティップはグラス、バット・ベリーはカーボンを継ぎ目なく1本の芯金でクロスを巻き上げた完全チューブラー・ブランクです。要は、穂先が柔らかいため喰い込みがよく、バットがしっかりしているためファイト時にも魚に主導権を渡すことなく獲り込めるロッドです。様々な鯛カブラ専用ロッドが出ていますが、そんな中でもまだまだ一線級のロッドです。価格は25,000円前後だったと思います。おすすめの1品ですよ!

鯛カブラの重さの使い分け

鯛カブラの重さは大小さまざまなものがリリースされています。軽いものは30gから、重いものは90gまででしょうか。鉛のヘッドを採用した鯛カブラでは号数で表示されています。こちらは8号〜20号くらいまででしょうか。ちなみに号数表示の場合は、1号あたり約3.75gですので、8号〜20号=30g〜75gとなります。
さて、重さの使い分けですが、私の目安としては水深10mくらいまでは30g、10〜40までは45g、40〜80mまでは60gを使用しています。
もちろん、これは潮の流れや風、タックルにより使う重さを変えます。ベストは底がとれる一番軽い重さですね。
ただし、着底が分かりにくいと思いますので、分かりにくい方が少し重いものを使用することをおすすめします。底が分からないと釣りが成立しませんし、分かりにくいと根がかりが増えますよ。

タイラバ(鯛ラバ・鯛カブラ)専門サイト|鯛カブラ.com