スカートの色の重要性

200707141025000.jpg
こんにちは、大塚です。
台風接近でせっかくの3連休の予定がすべて中止(涙) まぁこんな天気じゃー他の釣りにも行けそうにないので家でカブラをチューンしたりリールのメンテしたり気をまぎらわせています(ワラ)
さて、今回はスカートのカラーの話。
カブラのカラーと言えばネクタイのカラーが重要視されがちでスカートのカラーなんて何でもいいと言うアングラーが大半だと思うのですがここ最近、スカートのカラーで釣果がかなり変わるのをよく目にします。
管理人の松本氏の“松本レッド”やこの前ブログにも書いた“日の丸カラー”など色々ありますが同じネクタイのカラーなのに真鯛の反応が全く違いそのカラーでしか釣れなくなるのを何度も見ています。
真鯛という魚は好奇心旺盛ですがその反面、警戒心も強いと言われてます。  真鯛のラバージギングをしていて思うのですがこの魚、釣れるときは簡単に釣れるのですがそうでない時は本当にツライ(涙)
少しでも多くバイトに持ち込むために、皆さんもコマメにスカートのカラーにこだわってみては?

ハンドプロテクター

どうやら、この週末の三連休は私が住む関西に台風が直撃するようです。明石に鯛カブラをしに行く予定でしたが中止になりました。
さて、今日ご紹介するものはハンドプロテクターと言われる、リーダーとPEラインの結束時に使用するもの。リーダーとPEを結束した時に、このハンドプロテクターを手に装着し、それぞれのラインを引っ張って結束具合を確かめる時に使用します。
雨の日などは、指の関節の皮膚がふやけて柔らかくなります。プロテクターを使用せずにラインを引っ張ると、柔らかくなった皮膚に食い込み、スパッと皮膚が切れることが結構あります。
柔らかくなくても使用するPEラインが細いので、指の関節などの皮膚の柔らかい部分にかかると簡単に切れます。
釣りの最中に切り傷をつくると、海水が染み込んでとても痛いもんです。ライン結束時には、このようなプロテクターを使用するか、テーピングを関節に巻いておくと予防できますよ。
私は釣りの最中に、プロテクターを装着するのが面倒なので、いつもテーピングを巻き、予備のテーピングを持って行くようにしています。

鯛カブラのおすすめスペアフック

070712_2236~0001.jpg
OWNERの改良チヌ以外に、がまかつのヒラマサ・ブリ王もよく使用します。
このフックの特長は、ねむり針なのですが針先からバーブまでの距離ば長く、非常に刺さりが良いことです。
軸も太めで強度も抜群!また、写真ではせき糸で固定していますが、外掛け結びでもすっぽ抜けることがないですね。(でも瞬間接着剤などで軽く固定してくださね)
ぜひ一度お試しください!

フックの大人買い!

愛用しているOWNERさんの改良チヌですが、最近は釣れる鯛のサイズも大きくなってバイトも深くなってきたので、今まで5号を使っていたのですが、そろそろワンサイズ大きめを使ってみようと思います!
今週末は台風が近付きそうですね…明石に行こうと予定しているのですが天気が心配です。

ありがとうございます!

鯛カブラの専門サイトを作ろう!と思い、このサイトを立ち上げてきちんと稼働するようになってから1週間が過ぎました。
おかげさまで、1週間で5,000アクセスという予想もしないアクセスをしていただいております。
これからも、どんどん鯛カブラの情報を公開してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
鯛カブラ.com管理人:松本

鯛カブラシークレットカラー「松本レッド」の作り方

matsumoto_red.jpg
明石の釣行で、安定した釣果をもたらしてくれているカラー「松本レッド」。恥ずかしいのですが、このカラーの命名は友人です。決して自分ではございませんので(汗
さて、このカラーですがほんとよく当たります。
私は、どこのフィールドでもまず、このカラーを一番最初に使っています。このブログの釣果もほとんどがこのカラーでの釣果です。
このカラーを命名してくれた友人がなかなか釣れない時に、「このカラーを試してみてくださいよ」と手渡した所、わずが2巻き目でヒットさせた強者カラーです。まぁ、偶然もあると思いますが、友人も「こんなカラー釣れへんわぁ」と思っていたらしく、今ではレギュラーになりつつあるカラーです。
その影響を受けて?か、周囲の人たちもひそかに次にお会いする時はこのカラーを使っていたりするからびっくりです。
前置きが長くなりましたが、ビンビン玉に松本レッドを組み合わせる方法をご紹介します。
まずシリコンラバーは写真1のオフト社「シリコンラバーレイヤーズ」の蛍光ピンクにブルーのラメが入ったものを使用。20本×3シート入っているので、それを10本×6セットに分けて、写真2のようにセンター部分を糸で固定します。
固定したラバーは、両端を切るのですが私なりのラバーの役目は、1)ネクタイとともにアピールするパーツ 2)フックがネクタイに絡むのを防ぐもの と考えています。
よって、ラバーは長い方のアシストフック全体が隠れる長さにしています。
次にネクタイですが、これはK’s LABOから発売されているネクタイを使用しています。カラーはレッド。
すべてのパーツが揃ったら(写真3)、まずネクタイを金具に装着します。(写真4)
装着する際は、金具の左右からネクタイを1本ずつ差し込みます。同方向から2本入れると互いに干渉して動きが悪くなるので、離れるように入れる方向を分けています。
ネクタイを金具の下に指で固定し、ラバースカートを差し込みます。そして最後にフックを装着。フックがラバースカートの上に来ることで、ネクタイへの干渉を最小限にします。最後に、ネクタイ、ラバースカート、フックを緑色のゴムで固定します。(写真5)
これで完成!いろんな種類・素材のラバースカートやネクタイ、を使用することで自分なりのオリジナルカラーを作ることができますよ!
強いて言えば、ビンビン玉のスペア金具を販売していただければ、交換も容易に行えるのですが・・・。いつかメーカさんからリリースされることを待っています。今は・・・船の上でカラーを変える場合は、金具にいろいろ組み込むのが面倒なのでバネ線を使って金具を作成し、ラバースカートなどをセットしたものを自作し、カラーチェンジしています(泣
他のカブラは簡単に交換できるので、この金具(金具+スカート類のセットでも構いませんが)が発売されれば、一番簡単にカラーチェンジできる鯛カブラになると思います!

鳴門で鯛カブラ!

200707091511000.jpg
こんばんは、大塚です(はじめましてですね!)。
私は、この鯛カブラ.com管理人さんの松本氏と友人で、明石・鳴門・和歌山をホームグランドにして鯛カブラにどっぷりはまっております。
さて、今日は鯛カブラ好き5人で鳴門へ行ってきましたのでレポートいたします。
天気は曇りで昼過ぎに少し雨も降りましたが、たいして荒れることのない1日でした。
渋い時間が長かったのですが、結果的には・・・
鯛70センチ1枚を頭に50オーバーが2枚、チャリコとカスゴ8枚!
さらにヒラメ60センチ1枚、ガシラが5枚、鯖1匹に鳴門にしか居ないらしい?(?_?)謎の魚ガブ!(笑)
コンディションはイマイチの割には良かったと思います!(^_^;)
ヒットカラーはぶっちぎりに赤ネクタイに白ラバーの日の丸カラーが良かったです!(^o^)v
今日の鯛はアタリが明確ではなく、「もぞもぞっ…」としたショートバイトが多く、ノリが悪かったです!(^o^;)
タイミングよくアワセを入れカケていかないと捕れない魚がほとんどでした!
夏場は比較的浅い水深に大型が入るようですし、タイミングが良ければ、青物のジギングも鯛カブラと合わせて楽しめそうですよ!

鯛カブラシークレットカラー「松本レッド」

070623_0925~0001.jpg
写真のネクタイやラバースカートのカラーですが、ありそうでない組み合わせです。
このカラーは、昨年鯛カブラをはじめた当初、あまりにも鯛カブラの商品が少なく、オレンジや赤がすぐになくなる品薄状態だった時に、無いなら作ろう!と作ったのですが、その時にいろんなカラーを作りました。
で、その中で昨年実績があり、今年も大活躍しているカラーを紹介します。
一番信頼を置いているカラーで、明石では特に安定した釣果をもたらしてくれているカラーです。
写真がそのカラー。友人には「松本レッド」と呼ばれています(笑
ビンビン玉にオリジナルのラバースカートとネクタイを付けていますが、素材はすべて一般に販売されているものですので、釣具店で揃うと思います。
蛍光ピンク+ブルーラメのラバースカートに赤いネクタイを付けたものです。
次回は、この「松本レッド」の素材の詳細と作り方を紹介しますね!

鯛カブラ用のスペアフックを作ろう〜その2

fuck2.jpg
さて、昨日の続きです。
せき糸を使ったスペアフックの利点は、外掛け結びができない(軸の細い)フックを使用できる点と、結びこぶからの距離調整が容易である2点です。欠点は、めんどくさいこと!でも私は、使いたいフックがあるので、頑張って作っています。
では、作り方です。
まず、最初に写真1のようにフックにせき糸を巻き付けます。写真2のように一方を歯で固定し、歯で固定しているせき糸に滑らすようにボビンを使ってテンションをかけながら巻いていきます。こうすることで、均一に綺麗に巻く事ができます。歯で固定するのはコツがるので、フックをバイスに固定するのもよいでしょう。
フックの軸から7mm(フックのサイズにより変わりますが、ここは改良チヌの5号を目安にしています)ほど巻き付けて、結んで固定します。そして、固定した結び目をアロンアルファで接着します(写真3)。余分なせき糸は切断してください。
そして、アシストラインをフックに巻き付けたせき糸と同じ長さに揃え、フックの内側に指で固定しながら、アシストラインとフックを再度せき糸で固定します。私は軸部分でまず10回ほど巻き付けて固定し、あとの残りは1回転ずつで巻き付けています。巻き付けた後は、また結んで固定し、今度はアロンアルファを軸から下の部分、せき糸を巻き付けている部分すべてに染み込ませます。この時、軸より上のアシストラインに染み込まないように気をつけてください。アシストラインに染み込むと、ラインブレイクしやすくなります。
完成したら、写真5のように結び目を作り、ご使用の鯛カブラのフック取り付け金具に通るようにします。結び目からフックまでの距離はご使用の鯛カブラのフックを参考にしてください。
最後に、同じ要領でもうひとつのフックを装着すれば完成です。

鯛カブラ用のスペアフックを作ろう〜その1

fuck1.jpg
鯛カブラのスペアフックは、フック交換が簡単にできるシステムを持つアンサーや炎月、ソルティラバーなどが専用のスペアフックを販売しています。
船に乗っていると、スペアフックを以外に持っていない人が多いです。根がかりをすれば、針先は鈍りますし、魚を釣り上げれば、伸びていたり針先が歯にあたって鈍ってたり、アシストラインが弱っていたり・・・そんな状況は多々あります。
一度のバイトを確実にものにするために、スペアフックを常備して常に最高の状態で釣りをしましょう!
さて、このスペアフックですが、私は自作しています。キャスティング鯛カブラでメインに使用するビンビン玉は、残念ながら専用のスペアフックを販売していないからという理由もあるのですが、写真1のOWNER社の改良チヌを使用したいというのもあります。このフックは以前、岳洋社のSWの記事で知ったのですが、とても”かかり”が素晴らしい反面、軸が細く「大丈夫?」と思うのですが、これが以外に大丈夫で今年に入って60オーバー3本を含むかなりの数を掛けていますが、伸びていたのは1度だけでした。(もう一本のフックは伸びていませんでした。)もちろん、ドラグの調整具合やファイトにもよるのですが、無理をしなければ大丈夫だと思います。
アシストラインは、よつあみ社シーハンターを使用しています。太さは55lb。適度なハリがあるため、キャスト時でもリーダーに巻き付く「海老」の状態になりにくく、またネクタイにも絡みにくいのが特長です。
最後に、フックとアシストラインの結束方法ですが、軸の太い針を使う場合は外掛け結びで結束します。結び目はアロンアルファやシーラーで固定してください。なお、アロンアルファは、結び目に少量染み込ませる程度がベストです。軸より上の部分まで染み込むと、アシストラインが硬化し切れやすくなります。
軸の小さいものは(改良チヌはまさにこれ!)、外掛け結びをするとすっぽ抜けるので写真3の「せき糸」を使って固定します。せき糸を使用する際は専用のボビンが必要です。実際に使用する際は、写真3のようにボビンのアームにせき糸を2〜3回巻き付けて使用します。これは、せき糸をフックに巻き付ける際にテンションをかけながら巻くためです。
次回、このせき糸を使用したスペアフックの作り方をご紹介しますね!

タイラバ(鯛ラバ・鯛カブラ)専門サイト|鯛カブラ.com