1本より2本でアピールという一手

例えば活き餌を房掛け(1本の針に複数匹掛けること)をするように、ネクタイを房掛けしたらどうなんだろう?

アクションも変わるだろうし、色違いを2本掛けするとカラーの変化による誘いも期待できる。

微妙に違う色、明るい色と暗い色、濃い色と透ける色・・・。

こういうことを考えるのもタイラバの魅力ですよね笑

パーツの交換が簡単なので、ダメだったら現場ですぐに違う手を打てる。

僕が色違いを2本掛けする時に使う組み合わせを紹介します。

オレンジゴールドフレーク×エビオレンジ
IMG_1717

蛍光グリーン×ケイムラ
IMG_1718

グリパン×イカグロー
IMG_1719

コーラ×グリパン
IMG_1720

ギラギラオレンジ×イカナゴールド
IMG_1721

オレンジゴールドフレーク×レッドゴールドフレーク
IMG_1722

レッドゴールドフレーク×ブラック IMG_1723

蛍光グリーン×蛍光オレンジ
IMG_1724

と、まぁこんな感じ。

で、応用編としては昨年北九州で教えてもらったネクタイ方ずらし。(ロングネクタイ)

イカがベイトになっている時にネクタイが長い方が反応がいいらしく、地元のアングラーの間では方ずらしが流行していたようです。

IMG_1725

ベイトが小さい春先なんかは、ショートカーリーの2本掛けが有効的だったりする。

IMG_1726

さらに、ショートカーリーとノーマルカーリーを組み合わせることで生まれる「アクションの違い」で誘う組み合わせ。

IMG_1727

1本のネクタイだけでいい日もあれば「プラス1枚」がいい日もある。

2枚重ねのネクタイを採用したスペシャルカスタムのビンビン玉「Wアピール」がまもなく発売です。

ラインナップを見て、Wネクタイの参考にするもよし。

手に取る価値はあると思いますよ。

・鉛式ビンビン玉スライド Wアピールの詳細はこちら
・爆流ビンビン玉スライド Wアピールの詳細はこちら
・ビンビン玉スライドタングステン Wアピールの詳細はこちら
・ビンビンロケット Wアピールの詳細はこちら

タイラバで使う針を掘り下げてみる

今年もケイエス企画からタイラバマガジンが発刊されるそうで、今年も原稿の依頼をいただきました。

2017041800

いただいたお題は「針」。

今、どうでしょう〜なんとなーくですがタイラバアングラーの半数近くが自作しているパーツかなと思います。

そして多種多様、アングラーのこだわりやその地域のカラーが出るパーツでもあります。

どんな針がいいんですか?って聞かれても、どこでどんな釣りをしているのか聞かないと、きちんとした回答ができないもんです。

それをひとつひとつ説明していると、大袈裟かもしれませんが一冊の本ができてしまう笑

なので、自分が思うタイラバの針ってものはこういうもので、こういう感じで使い分けていますというのをサラッと書いてみました。

2017041801

現在、僕の3番、4番、5番バッター。

続きは、タイラバマガジン2017で。

続いて番組情報。

あいちゃんが熊本県天草で「すごいやん」じゃなくて「すごかばい」してきたらしいです。

春ってトラフグがかなり水揚げされるらしいのですが、トラフグ釣れたのかな?ってのがすごく気になります。

もちろん真鯛の方も。

すごかby九州番組情報はこちら

2017041802

続いておっサンテレビで放送の「ルアルアチャンネル」。

こちらはあいちゃんがホームの和歌山県・加太で巻いて巻いてドーン!をしてきたのかな?

タイラバの基本を説明しているそうなので、この春からタイラバを始めてみよう!って方は必見です。

ルアルアチャンネル番組情報はこちら

2017041803

香川県でタイラバ大会が開催されます

5月21日(日)に高松遊漁船連盟が主催する高松タイラバカップが開催されます。昨年まで年間4回程度開催されていたものが、今年から年1回の開催になるようですのでご注意ください。

応募はこちらから。(すでに募集が始まっています。)

17796065_1866914056864972_5393055106720001665_n

次に国内最大級のタイラバ大会「鯛ラバカップin瀬戸内 第7回大会」が6月4日(日)に開催されます。

こちらの応募は4月10日(月)からになっています。

応募はこちらから。
tairabacup2017

話題のイチコロを使ってみた

旅の始まりは突然だった。

3月に入ってから週末凪予報の流れとなり、サンデーアングラーにとっては好都合。

日に日に暖かくなって海に出ると気持ちいい!

さぁ今週も行くぞ〜っ!

ん?

微妙な気圧配置からの西高東低。

こらダメだ・・・中止だ。

せっかく上がったテンションが萎え、ポカーンと予定が空いてしまった週末。

方向転換しようにも良い気配の釣り船はどこも満船。

ま、いいや。

来るシーズンに向けてタックルの整理でもしよう。

翌日。

ん?

なんか予報がちょっと良くなってる!

海に出られるんじゃない?

もしかしたら他の予定を入れてしまったかもしれない船長に連絡すると、まだ予定は空いているらしく、午前中は出られそうですよ〜って。

午前中だけかぁ・・・一度萎えたテンションが微妙に上がらない。

だって遠いんですもん笑

しばし考えた後、あの人も予定が入ってなくて行けるってなら行こう!と電話。

今◯◯にいるんですけど、夕方に用事あってそれから出発なら〜

って、いつも通りの軽〜い返事。

2人なら運転も交代できるしそれならGo〜っ!

高速を西へと走る。

IMG_1486-768x1024

3、4時間しか寝られない計算なので宿はなし。

じゃ夜釣りでもと2箇所ほど漁港を回るも魚っ気なし。

早々に諦めた賢い大人は、翌日に備えて車で仮眠。

ワックワクの出発。

なぜならここはネバーランド。

デッカい魚がウヨウヨいる。

IMG_1488

ナカジーは電動タックルに話題の「イチコロ」をセット。

IMG_1491

イチコロ?

そう、今年発売される予定のタングステンヘッドの重さ。

156gだからイチコロだって。

横で見てたらフォールスピード激速!

こちらは200gの鉛だけど完全に負けた。

おまけに引き抵抗も軽そう〜。

電動リールでリーリングさせてそこは楽ができても、ロッドを支える手にはずっしりとした負荷がかかる。

長い時間釣りをしていると、トリガーにかけている指が痛くなり握力がなくなってくるんですよね。

比重が重いタングステン=シルエットが小さい=速く沈む=巻き上げ抵抗も軽い

まさにいいこと尽くしでイチコロ笑

そんなイチコロ×ネバーランド第1号は・・・

IMG_1501

見たことないサイズのレンコ笑

早速持ってきたナカジーメジャーで計測。

IMG_1545

出たっ!16cm!!

これがイチコロマジック笑

いやいや、違うでしょ。

か、ら、の〜

IMG_1495

イチコロマダイ。

IMG_1497

ネバーランドではこれをウマレタテと呼ぶそう。

どんなデッカい卵から孵化するんでしょうね笑

IMG_1543

釣り荒れていないので根魚も豊富。

IMG_1514

とまぁいい感じでこれから〜って時にウネリが大きくなりだす。

西側には真っ黒な壁のような雲が迫ってる。

沖に出ていた漁師もすっ飛んで帰ってきたので、身の危険を感じ退散。

IMG_1502

すんごいやり場のないもっと釣りたいぞ〜って気持ちを表してみたらこうなりました。

IMG_1526
体を動かすってフラストレーションが発散されるもんです。

しかし抱えられた方は発散されていないようで。。。

IMG_1506

IMG_1512

IMG_1508

なんかいろいろ釣ってました。

帰りは観光好きなナカジーがいろんなところを発見して寄り道だらけ。
IMG_1517

砂が鳴くところなんかもありました。

IMG_1524

海が汚れることで砂が鳴らなくなってしまうらしい。

IMG_1525

ずーっと人の心を癒す音色を守っていきたいですね。

おっさん二人旅。

最後はロマンチックに締めてみました。

ファイトタイム25分の攻防

今回は大げさなタイトルです笑

25分ってどんなけの魚とファイトしたの?

もしかして青物でも?

いいえ、マダイでございます。

僕もここまで長いファイトタイムになるとは思ってもいませんでした。

単にビビってドラグを締められなかったというのもあります。

もしかしてかなりの大物かも?と感じたのもあります。

この攻防は80m〜90mの水深で何度かリフト&フォールを繰り返し、160mほどラインが出たところで始まりました。

ほんとのことを言うとタイはタイでもアマダイを狙ってたんですけど、きちゃったわけなんです。

Forceマスター800を使っていて、リーリングは手巻き。

アタリがあって巻いて巻いてここぞで大きくスイープにフッキング。

そっから電動の巻き上げオーーーン!

ウィーーーーーン
ウィーーーーーン
ウィーーーーーン

ん?スプールが動かない。

いや、むしろジワリジワリと逆回転してる。

相手がデカイことを察知したが、脳裏にアマダイカクジツニツルゾホソジク針を装着したことが浮かぶ。

怖くてドラグが締められなーい。

こういう時は焦らずじっと我慢。

あいにく、今日は同船者は身内ばかり。

仕掛けを回収してもらって見守ってもらう。

あ、こういう時は遠慮なく「すいません、大きそうなのであげてください」と言いましょう。

ラインが絡んだりといいことはないですし、こういう時はお互い様です。

さぁ〜始まった第一ラウンド。

これが160m〜170m付近をずーっといったり来たり。

船は1.5ノットで流されています。

魚が潮に乗っているので距離が縮まらない。

どれだけ耐えただろうか?

ようやく160mを切り、150m台に突入。

こっから100mを切るまでの第二ラウンドも結構長かったです。

100mを切ると案外素直に寄ってきました。

そして至福の瞬間。

遥か沖からドカーンからのドンブラコ。

大きいやつは沖で浮くんです。

IMG_1429

ファイト直後に動画を撮影し、ネットインした写メから時間を計測すると、約25分。

長さは80cmジャストで重さは6kg程度でした。

正直な感想、ファイトの内容からは想像していたよりも小さく感じました。

水深があって潮に乗ると化けちゃいますね。

ゆっくりとファイトしたおかげか、内臓も出ることなく綺麗な状態で上がってきてくれました。

で、帰ってどういやドラグはどれくらいだったんだろう?って気になったので計測。
IMG_1469

約1kgでした。

ちなみにメインラインはPE1号、リーダー20lb。

IMG_1467

1kgってまぁまぁですよ。

屋久島や天草なんかで「動かんやつがおる」とちょくちょく聞いていましたが、10kg超えるような相手が潮に乗るとそりゃなかなか動かないよなということを実感したファイトでした。

ビンビン玉ハイアピールバージョンを覚えていますか?

みなさん、ビンビン玉ハイアピールバージョンってのがあったのを覚えてますか?

ずーっと遡ること2009年。

通常のラインナップにはない特別カラーで、スワロフスキーのアイがハイアピールバージョンの証でした。

2思い出しました?

当時はとても人気が高くてすぐ品切れになるお店も続出したほどです。

魚がどう見えているか?も大事ですが、アングラーが使っていて「釣れそうだ!」と思う部分も大事ですよね笑

そういう思い込みが最後まで巻き続けられるモチベーションになったりするものです。

もちろん、僕の中にもあります。

例えばネクタイでいうところのオレンジゴールドフレーク

タックルボックスにないととっても不安です笑

そんな魚にとっても、使うアングラーにとっても重要なカラーですが、遊動式になってから「いつ出るの?」と心待ちにしていたハイアピールバージョンがこの春「Wアピール」という名で帰ってきました!

・ビンビン玉Wアピールの詳細はこちら

いかにも釣れそうでそそられる特別ヘッドカラーに異なるカラーのネクタイが2枚。

ネクタイの組み合わせは一言で言うと「明暗」ですかね。

異なるカラーが水中でヒラヒラ舞うことで、これまでにないアピールをしてくれます。

IMG_1458

待ってましたダークなヘッド笑

タコを捕食している時なんかに使いたくなるカラーです。

IMG_1459

また爆流にも新しいカラーが追加されました。

・ビンビン玉爆流に詳細はこちら

こちらは外海を意識したカラー?のようで、メタリックグリーンやメタリックレッド、ブラックにグローがラインナップ。

「春の日本海=イカ」ですさまじい威力を発揮しそうなカラー「シロアマグロー/イカグロー」。

IMG_1462

春の開幕4番カラーですよね。

使いたくなる魅力あふれるカラーがラインナップされたビンビン玉シリーズ。

あんなベイトやこんなベイトをイメージして入手してみてはいかがでしょう。

お知らせ

しばらくの期間、当ブログへ一時的にアクセスできなくなっておりました。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

先でサイトをリニューアルする予定をしておりますが、ひとまずこの形でブログを再開したいと思います。

さて、気がつけば3月も終盤。

季節は一気に春。

そろそろ各地で桜が開花しそうですよね。

そんな中、海の中の春を求めて某所へ行ってきました。

IMG_1391

3日間で予定を組んでいたんですが、良い方向に予想が外れてまさかの3日間凪。

いろいろ釣れました。

IMG_1322

狙って良型のアマダイも取れるすばらしいフィールドです。

IMG_1324

シギングではヒラマサが遊んでくれました。

小ぶりなサイズと舐めてかかると突然のビックバイトにやられるんですよね。

何本かやられました。

IMG_1329

いい時間になれば、よいサイズが顔を見せてくれます。

IMG_1423

160m先の攻防はドキドキしました。

IMG_1425

春はこれからです。

IMG_1424

タイラバ新製品情報と船長会

先日、フィッシングショーOSAKA 2017に行ってきました。
今年は業者日のみの参加となりました。
ショーの業者日って?
業界の関係者のみが入場できる日でメーカーはもちろん、釣具店や遊漁船関係者、メディア関係の方々が来場されます。
この日は各ブースでセミナーやトークショーのリハーサルをしたり、メディア関係者から取材を受けたりと一般日とは違った光景で、比較的ゆったりとした時間が流れます。
今年は業者日のみの参加となりましたので例年より少し早く、昼前に会場入り。
2017020801.jpg
早速ジャッカルブースに行き、新製品をチェックしてみました。
まずは既存のビンビン玉、ビンビン玉爆流に魅力的な新色が追加されるようです。
2017020802.jpg
個人的に欲しかった「タコ」系のカラーがラインナップに加わっており、これにはすでに期待大!
その他、チャート系や深いグリーン系、ホワイト系など他にはない独特なカラーリングがラインナップされています。
ネクタイやスカートに比べ、それほど着目されていないように感じるヘッドカラーですが、今年はヘッドカラーにもこだわってみてはいかがでしょうか?
ネクタイではグリパンやコーラ、ブラックなどここ数年人気急上昇中のカラーなのに、それにあわせるヘッドのカラーが見当たらないということも解消されそうですね。
ま、人から見てこのカラーコンビネーションはどうなんだろう?と思いつつも釣れてましたので、既存のカラーのまま使ってはいましたが、しっくりくるカラーコンビネーションが出来れば、釣れる気がアップするもんです笑
それと、ビンビン玉のタングステンモデルに150gが新しくラインナップ!
次に今年ジャッカルが掲げる新しいタイラバコンセプトである「ビックベイト」。
2017020803.jpg
イカという真鯛のメインベイトの1つに着目して開発されたワームが展示されていました。
このアイテム、実はショー前にあいちゃん達が玄界灘(飛燕さくら丸)でテストしたところ、大鯛にブリ、そしてマグロまで飛び出してイカパターンに強烈な手応えを感じたそうです。
イカパターンに強烈な手応えを感じたテスト釣行はこちら。
ちなみに飛燕さくら丸ではいつもフィッシングショーの時は大型が出るというジンクスがあるようです。
玄界灘(飛燕さくら丸)で94.7cm/10kgオーバーが出た!
ビンビン玉タングステンの150gとイカワーム(仮称)は、また新たなタイラバの時代を築くアイテムになるかもしれませんね。
さて、次はロッド。
ビンビンステックHSにエントリーモデルが追加。
2017020804.jpg
こちらは財布に優しい手が届きやすい価格設定になるそうです。
そしてフラッグシップモデルのVCMシリーズがフルモデルチェンジ。
2017020805.jpg
着目すべきはそのデザイン。
すごーくカッコよくなっていますよ!
と、駆け足ですがジャッカルタイラバ関連新製品のご紹介でした。
また続報を入手しましたらお知らせしますね。
そんなこんなで各社のブースを見て、いろんな方々と話をしているとあっという間に閉館時間。
業者日はここからがさらに盛り上がります笑
数年前にジャッカルソルトスタッフと遊漁船の船長が集まる交流会を開催したのですが、これが好評で年々参加される船長が増え今年はなんと24名の参加がありました。
福井、京都、和歌山、兵庫、岡山、静岡、福岡・・・
全国各地から今年も参加してくださいました。
おいしい料理とお酒を飲みながらの楽しい時間なのですが、その中の会話には「こちらではこんな時こうだけど、そっちは全然違うんだなぁ」というような話や「こんなポイントはこちらではこう流す」というような船長同士のコミュニュケーションの場でもあります。
なかなか普段、こういった話をする機会もないでしょうし、ましてや遠く離れた海での船長同士が話しをする機会もないものですから、この船長会はとてもいい機会です。
アングラーの立場で話を聞いていてもおもしろいものでとても勉強になります。
また、逆に僕たちアングラー側は遊漁をさせてもらうお客さんの立場で発言します。
初心者にはこうしてあげてほしいとか、普段お客さんと接していて感じたことを代弁したりして、よりよい遊漁をしていただくための提案をしたりしています。
2017020806.jpg
そういう真面目な話しをしつつ、エンターテイメント的な要素もあります笑
2017020807.jpg
ナカジーのマグロ解体ショー。
そしてお客さんの要望があれば釣った魚を捌くセブン宮崎船長の華麗な手さばき。
2017020808.jpg
以前、魚を市場で捌いていた職歴は遊漁船での1つのサービスになっているようです。
2017020809.jpg
船上サラリーマンが釣ったマグロは様々な形で振る舞われました。
2017020810.jpg
パワーファイトしたらしく、15分程度でネットインしたマグロは身焼けがなく抜群のおいしさでした。
2017020811.jpg
2017020812.jpg
2017020813.jpg
2017020814.jpg
2017020815.jpg
2017020816.jpg
最後に石谷船長とあいちゃんへ誕生日のサプライズ!
2017020817.jpg
あっという間に時間が過ぎたのは言うまでもありません笑

京都府舞鶴(丹後)タイラバレポート

少し前の話になりますが、京都府舞鶴(丹後)発のトップスジャパンへ行ってきました。
昨年からあいちゃんが良く通っていて「アクセスが良くて九州のようなディープタイラバができ、釣れる魚の種類や大きさにも夢があるよ」と聞いていたので気になっていました。
今回、案内してもらう機会があったので一緒に行ってきました。
船は舞鶴から出ます。
大阪からですと、昨年開通した京都縦貫自動車道を使うのがおすすめです。
2時間足らずで到着します。
冬場は雪の影響もあるでしょうから、この時期に乗船をするのであれば交通情報や港付近の雪の状態を船長に確認しておくと良いかと思います。
ちなみにここの海域では、一年で一番難しい時期が2月から3月半ばらしいです笑
ということでその一年で一番難しい季節の乗船となりました。
寒い週でしたので、道中は雪がどっさり。
釣りに行く前々日あたりから少し暖かくなっていたので道路は問題なしでしたが。。。
行きは良くても帰りがということも考えられるでしょうし、冬場は天気予報を良く見て情報を収集しておかないとですね。
港に着くと朝礼があります。
朝礼?
朝礼がある船ってそんなにないですよね。
ないのですが、朝礼があるといいなと思ったことがありました。
1)乗り合いで行くと知らないもの同士ですが、船長が名前を呼ぶので親近感が湧きます。
2)今日はどんな釣りをするのかという流れが分かります。
3)分からないことがあればその場で予め解決できます。
朝礼が新鮮というのもありましたが、なんか楽しかったです!
2017020701.jpg
朝礼が終わり船に乗り込んで1時間くらい走ったでしょうか。
トップスジャパンは基本的には船をドテラで流すので、片舷に並びます。
水深は100m前後ですが、この日は風があまりなく潮もそんなに流れていないので、ウエイトを軽くしないとラインが出て行かない状況でした。
船長はキツイよと言っておられましたが、みんななんだかんだ良く釣ってました。
2017020702.jpg
2017020703.jpg
2017020704.jpg
2017020705.jpg
2017020706.jpg
2017020707.jpg
2017020709.jpg
2017020710.jpg
2017020711.jpg
今回、船長が幻の中の幻の魚とよばれるアラまで釣れました。
2017020708.jpg
これがすごい美味だとか・・・。
で、僕はというと笑
初めての名前が分からないフグ!
2017020712.jpg
海水を吸って膨れるようで、抜き上げる時は重いのなんの。
これが2連チャンで釣れました笑
あとから調べるとヨリトフグということがわかりました。
そしてタヌキメバル。
2017020713.jpg
これも初めて。
とてもおいしい魚らしいです。
夕方までめい一杯遊漁を楽しんだ後は、船長の案内でメンバー全員で夜ごはん。
これまで舞鶴ってなんども通過しましたがこんなにおいしい店があるなんて知りませんでした。
他にもいろいろあるようです。
宿泊施設も港の近くにありますし、おいしい店もあります。
京阪神からのアクセスも抜群!
ディープドテラのゲーム性もおもしろいもんです。
ぜひこの釣りをしたことがない方は一度経験してみてください。
ロッドはそのまま(瀬戸内のまま)が使えます。
タイラバのウエイトを重めにしてリールの番手を大きくすればOKです。
例えば手巻きならオシアコンクエスト300番、電動ならForceマスター300〜400、800番くらいです。
ラインは1号300m以上巻いておくことをおすすめします。
詳しくはトップスジャパンの森船長にお尋ねください。

タイラバ(鯛ラバ・鯛カブラ)専門サイト|鯛カブラ.com